不動産投資

少額で出来る不動産投資のメリット・デメリット

少額から出来る不動産投資の代表的なものとして3つの不動産投資があります。

不動産投資信託・クラウドファンディング・不動産小口化商品です。

※商品については下記記事「不動産投資を少額からする方法とは?J-REIT他」を参考にして下さい。)

ではどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

投資をする場合はメリット・デメリットをきちんと理解した上で、投資をいたしましょう。

 

少額の不動産投資のメリット!

不動産投資というと多額のお金が必要なイメージなのですが、

少額の不動産投資の場合、少ない金額で1万円から投資ができますしローンを組む必要もありません。

手軽に始められるのが物件価格がネックで始められない不動産投資において魅力です。

J-REITは物件のオーナーになることなく、プロが運用をするため手間がかかりません。

本業で忙しい方でも出来るところがメリットです。

投資額が大きいほど、失敗したときの損失も大きくなりますが、小額投資の場合は出資比率に応じてのリスク負担なので、投資額の範囲で収まるのも魅力です。

 

不動産投資を少額からする方法とは?J-REIT他

不動産投資をしたいけれど、何千万円、何百万円の購入資金を用意できない! 金融機関で借入してまで投資するのもちょっと!!っと諦めているあなた!! 不動産投資にも色々な方法があります。 例えば1万円から投 ...

続きを見る

 

少額不動産投資のデメリット!

少額であるために投資先が限られる場合があります。よい物件はやはり投資額も高くなります

ので例えば駅近であるとか、都心などは出来ないでしょう。

REITの場合は手数料がかかりますし、元本保証はありませんので元本割れになる場合もあります。

運用をプロに任せるので安心な面もありますが、絶対の保証はありません。

どの投資をするにしましても、自己責任であるということを念頭において

しっかりと投資先を選んで行きましょう。

スポンサーリンク

-不動産投資

© 2021 住宅購入 営業ウーマンが教える秘訣! Powered by AFFINGER5