住宅購入

「一戸建て」それとも「マンション」あなたの理想の暮らしはどちら?

 

夢のマイホームを手に入れる!

憧れや理想はあるものの、
住宅購入を決める前に、購入してから「こんなはずじゃなかった~」なんてことにならないようにしっかりとした準備と確認をしておきましょう
 
住宅にも一戸建てやマンションなど、もちろん予算があってのことですが
どちらにするのか、
また新築、中古、どちらにするのかなど、どういう暮らしをしていきたいのか
それによって、住宅選びも変わります。
 
メリット・デメリットも考えながら
しっかりとご家族で、話し合って具体化していきましょう!

「一戸建て?」それとも「マンション?」理想の暮らしはどちら?

一戸建てとマンション、それぞれにメリット・デメリットがあります。あなたがこの先
暮らしていくライフスタイルを描いていますか?
それぞれの特徴を把握して、マイホーム選びをしましょう!
 
  一戸建て マンション
価格 建物以外にも基礎工事や外溝工事などが掛かり、予算オーバーになるケースが多い。 戸建並みの広さを求めると高額になるが、適度な広さを選び、階数で予算の調整をすることが可能な為、家賃並みで購入できる。
維持管理

将来、点検・補修の為にまとまった費用がかかる。防蟻処理・外壁塗り替え・配水管の取替え・屋根の補修など、基本的に修繕費はかかる。

庭の手入れが大変だが、外回りも自由に使える。

現在の新築マンションは、30年間の長期修繕計画を当初から計画してる為、毎月の修繕積立金から補修を定期的に行なっていく。

毎月、管理費・修繕維持積立金・駐車場代等固定費がかかる。

バルコニーや庭の使い方に制限がある

共用部分の管理は管理会社に任せるので、手間がラク。

耐用年数 法的耐用年数は25年木造戸建であれば30年が寿命となる為、30年後に立て替えや大規模リフォームが必要計画的な積み立てが必要。きちんと修繕をすれば、それ以上維持出来る場合もある。 法的耐用年数は60年。近年は構造やコンクリートなどの材質の向上により、耐用年数も80年~100年と言われている。老後も安心して永く暮らせる。
広さ

一般的に2階建になる為、マンションに比べて総床面積は広く、間取りの自由度が高い。将来、リフォームや建て替えも自由年をとると階段の上り下りが大変。

冷暖房が高めになる場合が多い

庭がある

広さは戸建より劣る場合が多いが、逆に無駄はない。家族に合わせた間取りが選べ、将来リフォームも可能。老母に夫婦2人の生活を考えると広さは十分。冷暖房効率が高い

庭がない(一部庭付きは専用庭使用料が必要)

立地 最寄り駅まで遠い物件が多い 駅から近い物件も多い
セキュリティー
窓が多いので、自己責任でセキュリティーを入れるケースが多い
構造上、火災など災害に弱い
オートロックで安心。構造上、地震や台風に強い
 

まとめ

これから先、長く住むマイホーム!戸建てとマンションでは維持管理の仕方を含めて
色々と違いがあります。長い目で将来を見据えて選びましょう!

 

スポンサーリンク

-住宅購入

© 2021 住宅購入 営業ウーマンが教える秘訣! Powered by AFFINGER5