お金・住宅ローン

「住宅ローン」購入する前に情報収集しよう!

マイホームを購入する場合、現金購入する方を除き
多くの方が住宅ローンを使います。
 
その住宅ローン、いざ使おうとすると
それぞれの金融機関で金利の違い、手数料の違いなどがあり様々です。
では、どこで借入するのがいいのか。。。
 
そこで住宅ローンの事を、詳しく調べていきましょう。
 
 
 

住宅ローンの種類

公的融資 財形住宅融資 財形貯蓄を1年以上行い、財形貯蓄残高が50万円以上ある人が申し込める住宅ローン 
  自治体融資 都道府県や市区町村による住宅購入融資や利子補給制度がある
民間融資 主に銀行ローン 銀行の住宅ローンの他、生命保険会社でも扱われている 条件により低金利で商品も豊富
フラット35 住宅金融支援機構と民間金融機関が連携
全期間固定金利の住宅ローン 金融機関が窓口で、金融機関により手数料が異なります
 
低金利の今はフラット35民間融資が主流となっています。
商品がたくさんありますので、購入前に情報収集をきちんとして
ご自身のライフプランに合うものを選びましょう!
 
お知り合いにお聞きしたり、親御様にお聞きして
その通りに決めようとされることもあると思いますが
ちょっと待って!!
 
購入の時代が違うと金利も違いますし、住宅ローンのスタート時のご年齢も
それぞれ違います。
 
そのため、ご自分にとって、どの住宅ローンが適切かを
しっかり見極めることが大切です。
専門家にお聞きするのもよいと思います。

 

金利の種類の違い

金利の種類には「変動金利」「固定金利」「固定期間選択型
3種類があります。住宅ローンを借入する時に、どの金利を選択するかを
決めなければいけません。また、金利は金融機関によっても違いますので
しっかりとチェックしましょう。
 

【住宅ローン】金利の選び方はどうする?

 

金融機関の違い

金利の種類の違いは、ご理解いただいたと思いますが。金融機関によって金利は違います。

どこの金融機関で住宅ローンを申し込むのか!しっかりと特徴を捉えましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

-お金・住宅ローン

© 2021 住宅購入 営業ウーマンが教える秘訣! Powered by AFFINGER5