住宅購入

新築モデルルーム見学 チェックするポイントはどこ?

初めてのマンション見学!

どこのマンションギャラリーに行っても

とても素敵なモデルルームが用意されています。

それに魅了され、雰囲気だけで購入するのはNGです!

ではどういうポイントをチェックすればいいのでしょうか?

見学前に資料請求で事前に情報収集し、チェックしておきましょう!

新築未完成物件のモデルルーム見学の前にいくつか購入を検討しているエリア等の

物件をピックアップして資料請求をしておきましょう。

最近はインターネットでも事前に調べることが出来ますが

パンフレットでより詳しく記載されている場合もありますので

比較検討がしやすいです。

モデルルーム以外の間取りや大きさなどもチェックしていると

見学にいった時に質問などもしやすいと思います。

また一度に資料請求し、事前に見学するマンションを絞り込んで見に行くと

効率がよいです。

いくつかは比較検討するために、見学はした方がよいですが

あまりにも多く見すぎると、決めきれなくもまります。

何が大切なのか、優先順位を決めて絞っていきましょう!

モデルルーム見学は事前に予約をしていきましょう

突然の飛び込み訪問でも見学できる物件もありますが、

予約制になっているモデルルームも多いです。

いきなり飛び込んでいくと、都合によっては待たされたり

十分な説明が受けれない場合もあります。

また、自分の都合の良い時間で予約を入れることで

落ち着いて見学することが出来ます。

通常は1~2時間程度になります。

また、予約時に聞きたいことを先に質問しておくと

見学に行った時にスムーズな回答がもらえるので効率がよいです。

 

モデルルームの豪華な設備に気を取られない事!

モデルルームを見学すると、本当に非日常な気分になります。

とてもきれいなキッチンや、素敵な高価な家具が置いてあり

自分の家とはまるで違う!別世界のようで

「こんな家にすみたい~」と誰しもなってしまうのです。

しかし、そんな雰囲気で冷静さを失ってはいけません。

その設備のほとんどに有料のオプションが入っているのです。

オプションには無償オプションと有料オプションの2種類があります

無償オプション

追加費用がかからず、例えばカラーセレクト等が一般的です。

有料オプション

例えばキッチンのコンロのアップグレードや

設計変更など、別途費用のかかるものになります。

あれもこれも、モデルルームのようにすると

追加の費用もとても多くなり、予算オーバーになります。

実際に必要なものなのかを見極めることも必要です。

モデルルーム以外の間取りを検討する事、オプションがないことを想像するのは

なかなか難しいので、しっかりと図面、パンフレットで確認しましょう。

想像力を使って、住むイメージが出来ればいいですね。

構造等はしっかりとチェック!

例えば

床、2重天井などになっているか、

断熱材がしっかり入っているのかなどは

長く住む住まいだからこそ大切です。

わからなければ営業マンにも

しっかりと質問をしてチェックしましょう。

本当に見るべきものはモデルルームでなはなく現地!

ついつい何度もモデルルームに足を運ぶのですが、

現地は一度見たきりという人を見かけます。

実際に建設されるのは現地なので、

むしろ

周辺環境・立地条件・建てられる向き・

建物前方障害にならないか

などをしっかりと

確認しておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

-住宅購入

© 2021 住宅購入 営業ウーマンが教える秘訣! Powered by AFFINGER5