マンション管理

マンション管理組合とは?理事会とは?

マンションは一戸建てと違い、共同住宅のため、

マンションは一戸建てと違い、共同住宅のため

例えば約束事や修繕など、さまざまな事柄を

区分所有者で話し合いながら決めなければいけません。

この組織を管理組合と言います。

分譲マンションを購入すると

そのマンションの所有者(区分所有者)は管理組合になるのです。

注意ポイント

区分所有法には、「区分所有者は、全員で建物並びにその敷地及び附属施設の

管理を行うための団体を構成し、この法律の定めるところにより、集会を開き、

規約を定め、及び管理者を置くことができる」(第3条)と規定されています。

管理組合員はマンション管理業務を円滑に進めるために理事会役員を選出します。

役員には理事長、副理事長、理事、会計担当理事、監事などがあります。

マンションの管理費を払っているからと言って、

すべてを管理会社に任せるのでがないのですが、専門的なことも多く一般的には

管理組合がマンションの維持管理を専門的に行う業者である。

「管理会社に業務を委託して、管理業務を行っているということになります。

マンション管理組合の具体的な管理内容とは?

管理組合が管理する敷地及び共用部分等(管理組合部分)の

保安・保全・保守。

清掃・消毒及びゴミ処理

管理部分の修繕、長期修繕計画の作成

長期修繕計画書の管理

他にも業務がありますが上記のものが代表的な内容です。

理事会はどんな事をするの?

理事会とはマンション管理組合の執行役員です。

一年に一回、総会が管理組合全体で行われますが

そこで議案決議された管理業務を、実行していきます。

マンションによっても異なりますが

熱心なマンションは月に一回くらいは話し合いが行われています。

執行役員は立候補や順番制などで決められます。

まとめ

役員になるのは大変だ~を思われる方もいらっしゃいますが

ご自分のマンションの管理費などがどういう風に使われるか、

今の問題はどういうことなのかなどを知ることができ、

改善に力を入れたりコミ二ケーションが取れたり、メリットも多くあります。

管理がいいマンションは、住み心地がいいマンションにもなっていきます。

スポンサーリンク

-マンション管理

© 2021 住宅購入 営業ウーマンが教える秘訣! Powered by AFFINGER5